調剤薬局のメリット・デメリットとは?

薬剤師求人、調剤薬局について

勤務先に調剤薬局を視野に入れている薬剤師へ、今回は調剤薬局に勤めるメリットやデメリットについてお話します。
岐阜県薬剤師会

調剤薬局は薬剤師手当もあり、初任給は通常より高くなります。これは大きなメリットですね。普通の大卒に比べて収入が多く、20代でも多い年収を稼ぐ事ができると思います。

しかし、年収を上げる事は難しいので、安定感はありますが、大きな収入の伸びはあまり期待できません。堅実且つ安定的に稼ぎたい人に向いていると言えるでしょう。ですが、年収アップを目指したい人でも調剤薬局の選択肢を消してほしくはありません。
薬剤師転職サイトで年収アップを実現!

なぜなら、調剤薬局は薬剤師としての経験を積む絶好の修行場だからです。調剤薬局での経験やそこで身に着けたスキルは後々活きてくると思いますので、知識経験や技術を身に付けたい方は調剤薬局に勤める事をお勧めします。

また、転勤や海外勤務の少ない業種でもあります。最近では全国チェーンのお店も増えてきているのでその限りではありませんが、それでもメーカー程転勤が多いわけではありませんし、地方の企業や個人規模の薬局であれば、転勤のリスクは大幅に減ると思います。

調剤薬局勤務での年収は、もちろん個人のスキルや勤め先にもよりますが、平均的に大体、500万円~650万円、といったところでしょうか。多いところであれば800万円程はもらえるところもあるそうです。

最近のチェーン店では、スーパーバイザーのような立ち位置で、薬剤師を統括・管理するポジションを作っているところもあります。それであれば、メーカー並の給与をもらう事もありますので、年収を引き上げたい方は、そちらを狙ってみるのもいいでしょう。 メーカーへ勤めると経験を積んでスキルアップを目指す事は難しいかもしれません。とにかく、薬剤師としての経験を積みたい人は調剤薬局へ。調剤薬局であれば、安定した、それなりの年収も期待できるので、生活に困るような事はまずないでしょう。

転職で調剤薬局勤務を選択している場合は、未経験でも不可能ではありませんが、もちろん経験があった方が優遇されるので、今後は未経験での転職は難しくなってくるかも知れません。

職場で必要とされる薬剤師になるために

薬剤師は資格を持っていればそれを一生活用することができます。とくに薬剤師が不足している地域に行けば、高い給与をもらって働くこともできます。また出産や育児で一時的に職を離れていても、しばらくしてから薬剤師として復帰することも可能です。

そのため、薬剤師になれば一生安泰だと思っている人もいるようです。でも本当にそうなのでしょうか?実際には、薬剤師として調剤薬局等で働いているものの、あまり戦力にならないと煙たがられている人もいるようなのです。

どうせ働くなら職場で必要とされる人材であった方が、給与が上がったり、辞めようと思った時に引き止められたりします。一時的に休職しても、また戻ってきてほしいと懇願されることもあるでしょう。ですからただ薬剤師として働くだけでなく、現場で必要とされる薬剤師になる努力をすることも大切です。

実は、患者さんの側からも薬剤師に対して不満を感じることがあり、薬剤師会に意見や苦情を申し立てる人もいるのです。どんな苦情が寄せられているのか、少し例を挙げてみます。

まず多いのが、態度が悪い薬剤師がいるということです。患者さんに対して上から目線だったり、横柄な態度を取る薬剤師も存在するようです。薬剤師の仕事はサービス業的な面も含まれていますから、来店した患者さんに不快な思いをさせてはいけませんね。

薬局のイメージも悪くなりますし、こんな薬剤師ならいない方がいいと思われても仕方がないでしょう。 また薬局には人に知られたくない病気を抱えた人も大勢います。それなのに、病名や薬のことを大声で周りに聞こえるように話されたら、患者さんはとてもイヤな気持ちになってしまいます。

こうしたことに配慮できない薬剤師も、不要だと言われてしまうでしょう。薬剤師の資格があれば努力しなくても食べていける、などと思っている人は、自分が周りに迷惑をかけていることに気付かないのかもしれません。

薬剤師にとっては対人スキルもとても大切なので、患者さんに気配りのできる薬剤師を目指していただきたいと思います。